ハロウィンのメイクを子供と一緒に!安心して使える化粧品は?

ハロウィン

http://nxt-inv.co.jp/info/657/

ハロウィンには、子供たちは仮装していろんなものに変身できるのを楽しみにしています。映画やテレビで有名な可愛いキャラクターやかっこいいヒーローになる子もいます。

そうかと思えば世にも怖いゾンビやゴーストの格好をする子も。
仮装には衣装が大切ですが最終的にはメイクで決まります。

そこで今回は子供にも出来るメイクについてご紹介します。

SPONSORED LINK

メイク紹介!

子供たちのハロウィンメイクといっでも、日本ではまだピンとこないという人もいるかもしれません。

ここでは本格的な外国の子供たちのメイクをご紹介します。
どれも本格的でびっくりしますね。

「どんなメイクにしようかな」と迷っている人は参考にしてみてはいかがでしょうか。

ハロウィンメイク

http://newclassic.jp/2446

 

ハロウィンメイク

http://newclassic.jp/2446

 

ハロウィンメイク

http://newclassic.jp/2446

 

ハロウィンメイク

http://newclassic.jp/2446

 

ハロウィンのメイクで必要なもの・子供にも使える化粧品は?

ハロウィンメイクではいろんなものに変身できるようにカラフルな色があると便利です。
パーティー用の顔ペンならどんな色にも対応できます。

パーティー用の顔ペン

http://item.rakuten.co.jp/arune/j-79/?scid=af_pc_etc&sc2id=202756144

顔ペンで色をつける代わりに、アイシャドウーや口紅、チークでつけてもOKです。

でも子供の肌はデリケートなので大人と同じようなメイクでは肌に負担がかかります。そこで子供用の場合は『ベビーオイル』を下地用として最初に塗ってからメイクすると負担が軽くなります。

おもちゃやさんには子供用のメイクセットもあります。

トイザらス・メイクセット♥️Toysrus Vanity Bag

 

メイクの仕方・落ちないようにする方法

メイクの仕方は下地を塗った後、ファンデーションを塗り、その後いろんな色を塗っていきます。女の子の場合はプリンセスなど可愛いものが多いと思われますので、普通に可愛くメイクすればOKです。

男の子の場合は、モンスターやヴァンパイヤーなど恐怖系も多いかもしれません。その場合は黒のアイシャドーで目の周りを塗るだけでも雰囲気ができます。

あとは赤の顔ペンなで血のりをつけたり、紫のアイシャドーなどで青あざを作るなどすればずいぶん怖いモンスターに変身できます。

メイクは塗っただけでは落ちやすいので、上からパウダーをはたいておくと落ちにくくなります。

メイクの際には子供の目に入らないようにご注意を。また子供の肌はとっても敏感なので、使用前に必ずパッチテストをしましょう。

SPONSORED LINK

落とすとき

お化粧を落とすときは、洗い流すタイプのものは子供には使いにくいと思いますので、メイク落としのシートがおすすめです。
ベビーオイルを下地に塗っていますので落としやすいはずです。

濃いメイクのところはシートを押し当ててクレンジング液を馴染ませてから、そっとこすると落ちます。
肌がデリケートなのでやさしく拭きながら落としましょう。

ハロウィン猫

http://www.r-fureai.com/blog/fureai/

 

まとめ

ハロウィンにはお菓子を食べたり、仮装したりと楽しいことがいっぱいありますね。

大人も子供も、また男の子も女の子も、メイクをバッチリ決めて、日ごろでは味わえないハロウィンならではの雰囲気を楽しみましょう。

SPONSORED LINK

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ