子供の水泳効果とメリット!いつから教えるかや教え方のポイント

水泳1

ご家庭の中には、お子様を水泳選手にと思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

外国では、水泳は早ければ早いほどいいという考えもあり、3ヵ月の生まれたばかりの子供をプールに入れる家庭もあると聞きます。

さて、子供たちには水泳を何歳ごろから始めたらいいのでしょうか。少し調べて見ましょう。

子供は水泳を習わせた方が良い? 水泳の効果は?

水泳を小さい頃から習わせると頭が良くなる、というような噂がありますが、

多くのご家庭が我が子をスイミングクラブに通わせるきっかけに成ったようです。

実際、水泳と子供の発達にはどういう関係があるのでしょうか?

子供の神経の発達スピードは3歳がピークと言われています。

 

この時期の水泳によって、浮力を使い自由に身体を動かす事を身につけます。脳の空間意識力というものを自然と覚える事になります。

水泳を習う事により家庭環境は関係なく、頭脳の発達が良くなるというデーターもあります。

 

さらに水泳を習わす事によって心肺機能が発達し、ぜんそくをお持ちのお子さんの肺が強くなり、喘息の悪化も防ぐ事が出来るのです。

水泳は見かけによらず、体力の消耗が激しいですから体力を付ける面でも有効でしょう。

SPONSORED LINK

いつから(年齢)始めて大丈夫?

水泳は消費カロリーが大きい点で見れば、肥満予防にも効果的です。

水泳をしている子供に健康的な体型をしている子供が多いのは、おやつを食べても水泳でカロリーを消費しますから、それだけ有効にエネルギーを消費し、健康的な体型となるのです。

 

確かに水泳を習わせると頭が良くなると言われますが、個人差もあるかもしれません。

習わせるのであれば健康のために成長の為に早くから習わせた方が良いでしょう。

習わす時期は、子供によっても違うと思いますが、3歳~4歳位が適当かと思われます。

下記URLは水泳教室の動画です。

 

水泳の教え方、本・動画紹介

子供はいきなりつまらない泳ぎ方を教えるのは、あまりいい方法とは言えません。

最初は、水遊び程度にしてプールが楽しい所だと思うようにする事です。

子供が楽しい所と認識すれば、次回プールに行こうと子供を誘った時、嫌がらなければまずは成功です。

その後は少しづつ泳ぎ方を教えましょう。

まずは親御さんが泳ぎ方を実演することで、子供が興味を持ちます。

 

プールは楽しい所と認識して居れば、泳ぎにも興味を持って来るはずですので、ころ合いを見て少しづつ教えていけたらよいと思います。その中にはゲーム感覚などを取り入れるのも一つの手ですね。

 

自分では教えられないという方には、下記の本がお薦めです。

・水泳の指導法がわかる本(教育技術MOOKよくわかるDVDシリーズ) 2,052円

・親子で覚える水泳教室

 

水が苦手な子はどうすればいい?

水の苦手な子供って結構いますよね。苦手意識を解消するのは、やはりスクールのプロの先生の指導を受けるのが一番です。

学校でのプールの時間になると、苦手な子は引っ込み思案になって、直苦手意識が抜けなくなります。

子供は柔軟性がありますので、良い先生につけばきっと苦手意識を克服するでしょう。

コツは、プールは楽しい所ということを覚えこます事だと思います。

 

楽しいプール遊びも、水の事故にあっては大変ですから、子供たちには細心の注意を払って

ご家族楽しくお過ごしください。

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ