夏休みの子供との過ごし方!イベント情報と室内で遊べるとこは?

もうすぐ7月に入ります。子供たちにとっては楽しみな夏休みがやって来ます。
そろそろ家族で、夏休みの計画を立てて見ようかというご家庭も多いのではないでしょうか。

長期の休みですので、出来るだけ親にも子供にも負担の少ない計画を立てて見たらどうでしよう。

夏休みの期間はといいますと

基本的には、7月21日から8月31日までのようですが、北国の場合は夏休みを短くし冬休みを長くするところもあります。

また、学校が2学期制を採用している所も、若干夏休みが短いようです。

 

夏休みの子供との過ごし方ベスト3

夏休みは、子供にとって日常から離れ色々な経験の出来る機会でもあります。

受験生にとっては「夏休みを制する者は受験を制する」とも言われていますし、勉強に打ち込める絶好の機会です。

また、小さな子供にとっては、毎日の計画を立て規則正しい生活をする絶好の社会勉強にもなります。

過ごし方のベスト3と言えるかどうか判りませんが、私なりに考えてみました。

 

意識して自然の中に入り、自然への体験をする事

夏休み期間中、家庭の事情もあるかと思いますが、子供たちを自然の中で心や身体をリフレッシュさせる日常生活では味わえない貴重なチャンスでもあります。

ハイキングや海水浴でも良いし、農作業の体験などして収穫物を自分たちで料理して食べる事も良いのではと思います。

子どもとの過ごし方

https://www.google.co.jp/search?52Fwww.ricora.net%252Fphoto%252F81.html

 

実際の体験で子供の好奇心を高めことも

博物館、科学館、水族館、動物園など子供の感性を高める上でも効果的です。

出かける前には、家族で一緒に下調べをして、どの公共交通機関で行けばいいかなどを調べて行くのも、子供の好奇心をあおるのではないでしょうか。

 

子供の興味のある事を応援してはどうでしょう。

子供の頭は、我々大人と違って、柔軟性があり頭もどんどん良くなって行きます。

好きな事はだれにも負けないと言う自信も持てると思いますが、得てすると子供は三日坊主になる事がありますが、そこは我慢していって、その中から自分の興味を持った事柄を見つけるものだと思います。

好奇心

https://www.google.co.jp/search? 0CAcQ_AUoAQ&biw=1280&bih=839#imgrc=_

 

お薦めのイベントは

お薦めのイベントといえば全国各地では各地域で盆踊り大会や、花火大会などが、大小開催されています。そこに親子で出掛けるのもよし、有名な「ディズニーランド」「ユニバーサルスタジオ」「ハウステンボス」など普段行けない場所に行くのも子供たちの楽しみでしょう。

しかし、自分たちの住んでいる町や地域での催しなどに積極的に参加させるのも、地域とのふれあいが出来て良いのではないでしょうか。

 

室内でも過ごせる場所

室内でゆっくり過ごしたい方には、先ほども述べた、博物館、科学館、図書館や映画館もありますよね。

 

何と言っても、子供たちの夏休みは自分たちが、一歩でも社会に成れる絶好の機会です。
夏休みで過ごした中から「自由研究」なども生まれて来るのではないでしょうか。

お母さんが一番大変だと思いますが、少しの期間子供たちとの触れ合いを楽しめればいいですね。

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ