妊娠中の腰痛の原因は?対処法で人気の骨盤ベルトの効果とは

妊娠中、腰痛に悩まされるというのはよく聞きます。腰痛がひどいと日常生活も辛いですよね。

人気の対処法として、「骨盤ベルト」というものがあります。

妊娠中の腰痛の原因、骨盤ベルトの詳細を見て行きましょう。

妊娠中の腰痛はなぜ起こるのでしょうか?

腰痛

1.ホルモンの分泌
妊娠3ヶ月頃から、リラキシンという卵巣ホルモンが分泌されます。このホルモンには、赤ちゃんが出てきやすいように、関節や靭帯を緩める作用があります。そのため、骨盤の靭帯が緩んで、関節が不安定になって周辺の筋肉に負担がかかり、腰痛が発生します。

 

2.お腹が大きくなることによる姿勢の変化
お腹が大きくなり、重心が前に傾いてくると、それを支えようとして背中の筋肉が体を後ろへ引っ張ります。これにより常に背中が張った状態になり、腰痛の原因になります。

 

3.その他
ストレスから来る腰痛もあります。つわりや体調不良、出産への不安で筋肉が緊張して腰痛の原因になることもあります。また、上の子どもがいる場合、その相手をするだけで腰に負担がかかります。

 

腰痛になった時の対処法

1.腰を温める
まずはお風呂にゆっくり浸かって腰を温めましょう。妊婦さんがよく悩まされる便秘にも、とても良い効果があります。蒸しタオルを当てても、気持ち良く温まりますのでおすすめです。

 

2.マタニティヨガ・マタニティビクス
マタニティヨガやビクスは、産院で実施しているところもあります。産院なら何かあっても医師がいるので安心です。それ以外の場所で参加する場合は、事前に医師に確認してから行ってください。

 

こちらはマタニティヨガ腰痛肩こり改善のポーズの動画です。落ち着いた音楽に癒されながらゆっくり動いてみてください。お腹の張りを感じたら中止してくださいね。

 

マタニティヨガ腰痛肩こり改善 Yogalog(動画)

 

3.マッサージ
妊娠中はお腹を下にしてうつぶせになれないので、横向きに寝転がったり、椅子にまたがってマッサージします。自分ではできないので、パートナーにしてもらうと良いですね。次の項目に、パートナーにマッサージしてもらうやり方の動画を掲載していますので、見てみてください。

 

4.薬を飲む
生活に支障が出るほどの腰痛がある場合は、痛みを和らげる薬を服用するのも一つの対処法です。胎児に影響がある薬は飲むことができないので、産科の先生に相談して処方してもらいましょう。(私は妊娠中、ドラッグストアの薬剤師に妊婦でも飲める痛み止めをくださいと頼んだら、病院で処方してもらってください、と売ってくれませんでした。我慢できなくなるくらい痛くなる前に、早めに先生にお願いする方が良いです。)

 

5.重いものを持つ時のコツ
上の子どもを抱くときや買い物の荷物を運ぶなど、どうしても重いものを持ち上げる必要がある場面があります。急に持ち上げると、腰に大きな負担がかかります。まず片膝をついて、ゆっくりと腰から上に重心を動かすようにして持ち上げるだけでも、腰に負担がかかりにくいですよ。

SPONSORED LINK

 

男性はどんなことに気をつけてあげればよいでしょうか?

男性は妊娠の経験ができないので、痛みや辛さをわかりにくいかもしれません。

上の子どもがいる場合など、女性は無理をしてしまうことも多いです。
そばに居る間はパートナーを気遣ってあげてくださいね。

マッサージをしてあげれば、腰痛をやわらぎますし、心理的にも安心します。

以下の動画を参考に、ぜひマッサージをしてあげてください。

肌スピコントロール パパにも出来る!妊娠中の腰痛マッサージNEW(動画)

 

人気の骨盤ベルトおすすめベスト3

<第3位>

骨盤ベルト 産前産後骨盤ベルト for マタニティ&ママ パワフルギア F

骨盤ベルト

引用:http://item.rakuten.co.jp/uptown

他の骨盤ベルトよりもつけやすく、価格も手頃なので人気です。
座るとずれることがあるようですが、付け直しも簡単なのでそれほど不便ではありません。

 

<第2位>

ワコール産前産後骨盤ベルト

骨盤ベルト

引用:http://www.wacoal.jp

大手肌着メーカーの産前~産後まで使える骨盤ベルト。
日本助産師会と共同開発された、着け心地にこだわったベルトです。

お尻を締め付けすぎないですし、締める場所もわかりやすくなっています。

 

<<第1位>>

トコちゃんベルト2

骨盤ベルト

引用:http://tocochan.com

有名であり人気も一番です。
芸能人もよく使っていますし、産院でも取り扱っているところもあります。私が妊娠時通院していた産院でも使っている人が多かったです。

色は白と紺の二色あります。着け方にコツがあるので、産院などでレクチャーしてもらうと良いですよ。

 

まとめ

妊娠中の腰痛は、独特のつらさがあります。
特に二人目以降は、骨盤も開きやすくその上、上の子のお世話もあるので初産より悪化することが多いようです。

無理をせずに、モノや人の助けを借りて、できるだけ快適に過ごせるようにしたいですね。

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ