赤ちゃんと母親の夏服コーディネイト!選び方はここが重要!

夏。それは赤ちゃんにとってもつらい暑さの時期。
赤ちゃんにとってなにが一番つらいと言えば、赤ちゃんの平熱は成人よりもちょっと高いのです。寒い時期にも当然気にすべきだったこのポイントは、むしろ夏だからこそ猶の事気を付けてあげなければいけませんよね。

それはもちろん、成人であっても熱中症や日射病などにやられるのですから、身体の弱い赤ちゃんにはもう天敵中の天敵です。

 

そんな我が子を守りながら、もちろんオシャレも欠かせないのが夏服コーデのポイント!今回はそんなオシャレも忘れない赤ちゃんの為の夏服コーデ情報をお届けしていきます!

SPONSORED LINK

夏の服装の選び方

この時期に最も気を付けるのが、やっぱり汗です。

一年通して、汗っかきの赤ちゃんにとって一番の天敵はこれ。
あせもの原因や、体長に肌を悪くしてしまう多くの原因が汗です。

また、夏には皆さんクーラーを使いますよね。
外出した時など特に気を付けたいのが、外の暑さと室内の寒さによる温度差
暑すぎる格好は確かに赤ちゃんの天敵ですが、かといって寒すぎてもこうした場合が困りものです。

その為、新生児の赤ちゃんにとっては、春と同じように薄手の短肌着と長肌着やコンビ肌着を着せて、3ヶ月以降になりますと成長に合わせロンパースやプレオール、レイヤードタイプの服などを合わせていけられたらいいですね。

もちろん、寒くなり過ぎた時の為のブランケットやカーディガンを用意しておくと、室内での体温調整に一躍かってくれるでしょう。

SPONSORED LINK

夏服赤ちゃんのコーディネイト

では、上記を気にしながら、赤ちゃんのコーデをチェック。

春先から夏に掛けて、赤ちゃんの為に可愛いプレオールも夏のコーデ一番のオススメです。新生児からの赤ちゃんのオシャレとしては欠かせないアイテムですよね。

 

『赤ちゃんの城 夏用プレオール』

夏服

 

 

そして、ここからちょっとだけ夏の為の赤ちゃんの便利アイテムを紹介。

先ずは、赤ちゃんの為の腹巻です。

こちらは夏に赤ちゃんが寝る時の為のマストアイテムと言えるもので、クーラーなどでお腹を冷やしてしまわないだけでなく、赤ちゃんが寝返りをするようになると服がはだけて風邪をひく原因になります。

そんな時腹巻があれば衣服のずれを抑え、もちろんお腹を冷やさない事にも繋がるのです。

ちなみに、夏場に赤ちゃんが寝る時は背中に汗取りパッドを入れてあげたり、布団にタオルを敷いてあげたりと、汗でびっしょりになってしまわない環境を作ってあげてくださいね。

腹巻き

(引用元:http://item.rakuten.co.jp/tortoise1897/10000113/)

 

 

さらに夏のベビーファッションとしてご紹介したいのが、帽子です。

赤ちゃんは大人以上に、陽射し、特に夏の突き刺さるような日光に注意してあげないといけません。そんな暑さ対策でもなる帽子は赤ちゃんにとって欠かせないオシャレアイテム。暑さだけじゃなく、冷房除けにもなる帽子をしっかりチェックしておきたいですよね。

帽子

(引用元:http://item.rakuten.co.jp/sunglobe/sb22g_fuchsiapink/)

 

 

その他、まずは暑さ対策と冷房の寒さ対策も意識して、赤ちゃんのファッションをオシャレに揃えてあげてくださいね。

『ベビカム「夏のおでかけ 赤ちゃんの熱中症対策」』

 

夏服大人のコーディネイト

さて、では合わせて見ておきましょう。オシャレママの為の夏服コーデ。

どんなものがあるかといいますと・・・

ママのコーデ

(引用元:http://harurunman.com/4822.html)

やはり白くまとまりのあるコーデは夏の定番ですよね。清楚で愛らしく、品のあるオシャレが目を惹きます。ゆったりとしたデザインが人を選ばず、白のレースがとても涼し気でいいかんじです。

 

 

ママのコーデ

(引用元:http://harurunman.com/4822.html)

もう一つこちらのファッションは、デニムだけじゃなく例えばチェックの上着をお腹に巻いていくスタイル。

こちらは産後のぽっこりお腹が気にならなくなる育児ママのちょっとしたテクニックの一つです。カジュアルに着こなすスタイルとして人気も高く、良かったら試してみてくださいね!

 

今回のまとめ

夏は暑さ対策だけじゃなく、産後のお母さんにとっても肌が露出しやすい時期はなかなか勇気が要りますよね。

お父さんたちのファッションにはあまり触れられませんでしたが、そちらは別の機会があれば、お届けできたらいいですね♪

SPONSORED LINK

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ