レインボールームとファンルームの編み方と違いが分かりますか?

レインボールーム

引用:http://news.livedoor.com/article/detail/10304159/

最近、カラフルなアクセサリーをつけている人をたくさん見かけますが、どれも自分で作ったものだとか。あんなにかわいいアクセサリー、一体どうやって作るのでしょうか?

その秘密はレインボールームとファンルームにあるそうです・・・

SPONSORED LINK

レインボールームとは?作品紹介!

今、大人気のレインボールームって一体どんなものでしょうか。
まずは作品から見てみましょう!

 

ブレスレットがたくさんありますね。どれも色鮮やかでとってもきれい!

ブレスレット

引用:http://iemo.jp/35308

 

こちらはお花の形のブレスレット。お花の茎がスイングして素敵!

小物

引用:http://ameblo.jp/striped-cat-house/entry-11923314228.html

 

お花のつぼみのレインボールーム。キーホルダーにもぴったり!

レインボールーム

引用:http://ameblo.jp/striped-cat-house/entry-11923314228.html

 

ファンルームとは?作品紹介!

今度はファンルームのご紹介です。ファンルームも人気上昇中です。どんな作品があるのでしょうか。

まずはブレスレットから。色合いがきれいで大人にもおしゃれ!

ファンルーム

引用:http://iemo.jp/18819

 

ピアスもこんなにたくさん。色のアレンジで何通りでも楽しめそう!

ピアス

引用:http://iemo.jp/18819

 

かわいらしいバッグ。小さなものを入れるのにちょうどいい!

ファンルーム

引用:https://twitter.com/mubandoru

 

編み方・材料など両者の違いは?

レインボールームもファンルームもよく似ていますが、どんな違いがあるのでしょうか。
材料や編み方の違いを比べてみましょう。

『材料』

  • レインボールーム・・・輪ゴム
  • ファンルーム・・・シリコンでできた輪

その他、どちらも編み機やフックがいりますが、それぞれ少し違いがあります。

 

右の2本は普通の編み物用のフックです。右から3番目がファンルーム用。
一番左がレインボールーム用。

普通の編み物用のフックと比べるとそれぞれ違いがわかります。

編み棒

引用:http://ameblo.jp/striped-cat-house/entry-11894051453.html

 

編み機はこのようになっています。上がレインボールーム用。下がファンルーム用。

編み機

引用://oyakudatineko.com/1067.html

 

レインボールームの突起。

突起

引用:http://ameblo.jp/striped-cat-house/entry-11912500582.html

 

ファンルームの突起。

突起

引用:http://ameblo.jp/striped-cat-house/entry-11912500582.html

レインボールームは輪ゴムを使うので、ファンルームよりも色が豊富で伸びやすいです。一方、ファンルームはシリコンの輪ですので、耐久性に優れています。

 

レインボールームとファンルームで作るブレスレットの作り方です。
編み方の違いなど参考になさってください。

 

レインボールーム☆リボンのブレスレット☆作り方(Rainbow Loom)

 

ファンルームでシングルブレスレットに挑戦! 簡単なFunloom作り方

 

おすすめはどっち?

レインボールームは色がたくさんあって伸びも良く編みやすいので、初心者におすすめです。ブレスレットや指輪などのアクセサリーを作るのに向いています。

でも輪ゴムですので髪に絡みやすいため、髪飾りには使わないほうが良いです。

 

ファンルームはシリコンなので作ったアクセサリーが長持ちします。
髪にも絡みにくく、髪飾りにも適しています。またアレルギーも起こりにくいので、肌の弱い人にはファンルームがおすすめです。

 

SPONSORED LINK

 

まとめ

レインボールームもファンルームも大人気だとは知っていましたが、少し違うのですね。違いを踏まえて、それぞれに適したアクセサリーを作ると良いようです。

それにしても、どちらも簡単にいろんなアクセサリーができるので、とっても便利ですね。自分だけのアクサリーを作って、オリジナルなおしゃれを楽しみましょう!

SPONSORED LINK

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ