クリスマスに最適!子供のプレゼントに絵本を贈るのが人気!

クリスマスのプレゼント。
ちいさなお子さんへのプレゼントはもう決まりましたか?

流行りのおもちゃだったり、ゲーム、人形、お菓子。
子供の喜ぶ顔を想像したら、どれにしようか迷っちゃいますよね。

 

そんな皆さんにオススメしたいのが、絵本。
子供の感受性を豊かにしてくれるだけではなく、本というのは素晴らしいもので、いろんな人の考えや知識、世界に触れることで、本を読む人と読まない人では、人生の経験に100年の開きができるとも言います。

また、某番組でも取り上げられていましたが、1日10分にも満たない読書で、私達が日頃溜めがちなストレスを60%も削減してくれるのです。

 

そんな、心を豊かにしてくれる読書のいりぐち。
可愛いイラストや想像の助けとなる絵がいっぱいの、絵本。

親が読み聞かせ、子供が自ら開いて。
そんな光景は素敵ですよね。

今回はクリスマスにピッタリの絵本を紹介できたらと思います。

最近の絵本はすごい!

皆さんはどんな絵本を読んだ事があるでしょうか。

有名な作品は日本昔話にもある「桃太郎」であったり「浦島太郎」、「金太郎」などのラインナップは、どこかの携帯会社を思い出しますよね。他にも名を挙げればキリがなく、世界の童話も多く、絵本になっています。

もちろん、絵本と言えば「昔話」「童話」というイメージが強いかと思いますが、もっと発想豊かに。ときに、大人ですら度肝を抜かれてしまう絵本が、近年増えて来てるとちょっと話題ですよね。

 

調べていてちょっと強烈だったのが、『おかめ列車 嫁に行く』

おかめ列車 嫁に行く

(引用元:http://www.amazon.co.jp)

イライストのインパクトが強くもう頭から離れません。普通の『おかめ列車』もあり、読んでみるとなかなか人間味に溢れて面白くも、イラスト以上のキャラクター性でとてつもないインパクトを与えてくれます。

 

もう一つ、『どこいったん』

どこいったん

(引用元:http://www.amazon.co.jp)

なんとなく絵が可愛かったのと、この大阪弁にやられてしまった絵本。

絵本の魅力として、声に出して読む、というのがありますが、こちらはまさに声に出すからこそ面白く読める本です。ぜひ、気になった方は開いてみてください。

 

このほかにも、目新しいものだけではなく、上にも挙げた「昔話」や「童話」の絵本、そのイラストを最近のイラストレーターの方に描いて貰った物を出している出版社も登場しています。

 

少し話題になったのは人魚姫だったり、テレビにも取り上げられた桃太郎。
なかでも、プリキュアで有名な上北ふたご先生ら有名なアニーターさんたちがイラストを担当する出版WORKSさんの『せかいめいさくアニメえほん』シリーズは、近年の絵本として一躍有名になりました。

シンデレラ

(引用元:http://www.amazon.co.jp)

こうした作品はおよそ1000円前後程の相場にて、各書店で売られていますので、ぜひ、いろいろ探してみてくださいね。

SPONSORED LINK

クリスマスに最適!子供が喜ぶ絵本ランキング

では、そんな楽しくユーモアあふれる絵本の中から、クリスマスのプレゼントとして最適の絵本ランキングを、こちらの記事よりご紹介しておきます。

 

『第3位 子うさぎましろのお話』

子うさぎましろのお話

(引用元:http://www.amazon.co.jp)

サンタクロースからお菓子を貰って食べたうさぎのましろが、もう一つ欲しくなり黒うさぎに化けてお菓子を貰う。サンタさんに嘘をついて、ずるをしたましろは黒の姿から戻れなくなって。

純粋なましろと、優しいサンタさんの心温まるお話し。クリスマスにはぴったりの絵本です。

 

『第2位 おおきいツリー ちいさいツリー』

おおきいツリーちいさいツリー

(引用元:http://www.amazon.co.jp)

アメリカで長く愛されているかわいいクリスマスストーリー。
大きすぎて天井につっかえてしまうツリーの、先っぽをちょん切って。その先っぽが別の家に送られ、またつっかえて先っぽを切って、と。

気付けばいろんなところにクリスマスツリーが広がっていく心温まるお話しです。

 

『第1位 クリスマスイヴのこと』

クリスマスイヴのこと

(引用元:http://www.amazon.co.jp)

世界中でも人気の絵本として、クリスマス物語の定番絵本。
もとは重病の娘の為に作者さんが書いたものを、その友人が新聞に載せてしまったところから広まったお話しですが、長く愛されるだけの感動がそこにあります。

ぜひ、機会があればクリスマスの特別なプレゼントとしても、読んでみて頂きたいです。

 

その他にも、ちょっと面白い絵本として、動画で見られる動く絵本というのもあります。

『サンタさんへのプレゼント (クリスマスの動く絵本、童話、読み聞かせ)』

 

こうした作品を探して見るのも、いいかもしれませんね。

 

今回のまとめ

実は私もその昔、手作りの絵本を作った経験があります。
学生の頃の話ですが、出来上がった本は母校へと寄贈し、それは世界にたったひとつしかないモノとして、今でもそこに在ります。

クリスマスのプレゼントとしていろんな絵本をご紹介しましたが、興味がありましたら、手作りの絵本を贈るというのも、素敵ですよね。

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ