予防接種別に必要な情報総まとめ

予防接種

皆さんおはこんばんちは。

こちらの記事では予防接種に関する情報を総まとめしたものとなります。
是非生まれたてのお子様のためにどんなものを予防接種したほうがよいのか
疑問、不安色々あるかと思いますのでご紹介したいかと思います。

予防接種全般編

予防接種全般についての話です。
予防接種といえどいつから受けてよいかよく分からない方も多いはず。

下記のページで時期について語られていますので是非参照してみてください。
あると便利なスケジュールアプリも掲載されていますよ!

 

ロタの予防接種編

副作用

まずは、一度も聞いたことがあるロタウィルスについて
6ヶ月の赤ちゃんから2歳ぐらいまでの子にかけてかかる病気です。
主に下痢や嘔吐を引き起こす症状のため早めの予防接種が必要です。

そんな予防接種にも副作用はありえますのでいざというときのためにポイントを抑えておきましょう!

料金

ここで気になってしまうそのお値段
B型肝炎の予防接種も含めてご紹介しています。

 

B型肝炎編

続いてB型肝炎の費用の話に付随してB型肝炎について
もっと詳しく知りたい人のための記事になります。

実際、何回受ける必要があるのかがわかりますし、いつごろに受けるのが良いか等といった疑問に答えられる内容となっています。

 

麻疹編

白いプツプツが顔や胸に出てきた。
聞いただけでも怖いですね。それって実は麻疹の可能性?

 

溶連菌感染症編

喉がとてつもなくなる溶連菌感染症。
イチゴ舌と言われるほど毎年流行するこの症状。医師の元正しい治療を受けないと再発の恐れもあるので適切な治療法と知識を付けてましょう。

 

SPONSORED LINK

インフルエンザ編

料金

なんといっても大人でも子供でも毎年に話題になるインフルエンザについて。
大人がかかっただけでもしんどいのに子供がかかってしまったときのことを考えるとゾッとしますね。
高熱は出るわ、人に移ってしまうだとか本当に大変!

とにかく受けとくのがいいけど実際のお値段は?
ここの病院はこの値段だけど、こっちの病院はこの値段。

え?なんで?
下記の記事でご紹介しています。

症状:A型

さて、インフルエンザでも血液型のごとく
何型~何型~なんて話もよく聞きますね、型ごとの違いってなんでしょうか?
A型の症状についてみていきましょう。

症状:B型

続いてA型と来たらB型はどんな症状なのでしょうか。
子供が調子悪いななんて言ってると思ったら下痢や嘔吐。

これってインフルエンザB型?そんなアンテナを張っておくと早期対処ができますよ。

症状:マイコプラズマ

続いて考えられるのがインフルエンザにかかったときの合併症状。

  • インフルエンザ脳症
  • 髄膜炎
  • マイコプラズマ肺炎

複数の症状があげられますが、その中でも人への感染が非常に影響を及ぼすのがマイコプラズマ。
その症状と予防方法・対策を考えていきましょう。

副作用:タミフル

一時期ニュースでも取り上げられていましたね。
子供がタミフルでフラフラと外に出てしまってマンション高層階から落ちてしまう痛々しいニュース。

飲ませる時の注意点しっかりと抑えておきましょう。

副作用:嘔吐

どんな予防接種でもそのウイルスとなるものを体に取り込んでその抗体を作るという原則には変わりありません。どうしても体は拒否反応を示したりするものですから嘔吐してしまうということもあります。

焦らずに対処方法を見ておきましょう。

 

まとめ

今回は予防接種についての記事をまとめました。
このほかにも予防摂取がたくさんありますが、どれも生まれてきてくれたお子さんの健康を守るために大切なこと。

まだ生まれたばかりで分からないことばかりで、シックハックすることが多いかと思いますが少しでも分からないことが解決すれば筆者としても嬉しく思います。

また、どうして受ける必要があるのかわかっていると、別の人が困っているときにも自分が苦労した経験を教えてあげることで感謝の連鎖が生まれていくとそう信じています。

 

 

 

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ