子供連れで飛行機旅行の注意点!子供も快適に過ごせるコツとは?

飛行機両親とも稼ぎという家庭も今は珍しくありませんが、両方とも夏の休暇は獲れるはずですよね。

そこで、蚊読旅行を計画されている方も多いのではないでしょうか。
国内旅行であれ、海外旅行であれ、楽しみですよね。

お子様連れとなると、気の重い所もあるのではないでしょうか。

そこで今回は、就学前のお子様を対象にした、飛行機での旅行を無難にすまされる秘訣をお話ししたいと思います。

SPONSORED LINK

子連れで飛行機に乗る注意点

親の責任を果たしたうえで、機内にいる全員の乗客をなだめるのは無理な事ですからそこは暗黙の了解ですね、子供にも機内で過ごす権利はあるのですから。

しかし、他の乗客のスペースや快適さを子供たちが損なわないようにするのは親の責任です。フライトを合理的に計画する事です。

子供のリズムを考えて、早朝便の時は前日早めに寝かすとか、子供は一日のうち、お休みモードがあると思いますので、そこ逃さずフライト時間を決める事です。

2歳未満の子供は膝に座らせて座ることもできますが、これはお薦めしません。

少し費用が掛かっても子供の座席は確保しましょう。シートベルトをしていた方が、抜群に安全です。膝に乗せていると、前の座席を蹴ったりして、前の乗客の不満をつのるだけです。

 

持ち物は何が必要?

航空会社の多くは、通常の手に持つ以外にマザーバッグの持ち込みを許可しています。子供が夢中になるようなグッズを詰め込んでおくと良いでしょう。

旅行用に新しいおもちゃを買うよりも、現在子供が使用しているグッズを持ち込み、小出しにして子供の興味をそそる事が大事です。

子供が汚した時の備えとして、子供用と自分の着替えやスナック類、お手拭き、子供用の鎮痛剤、下痢止め、バンドエイドなど持ち込んでいると、いざという時に便利です。

便利な持ち物

 

 

あると便利な持ち物

  • シールつきの絵本
  • 多くのパーツの別れないおもちゃ
  • ポータブルDVDプレイヤーで見る動画などですが、必ずフル充電をしておきことです。
  • 三角クレヨンと画用紙
  • 子供が寝る時何時も一緒に寝る人形やぬいぐるみなど
  • 哺乳瓶とミルク
  • 暑さ寒さ対策には、寒いときのため一枚余計に服を用意し、暑い時は一枚脱いでも恥ずかしくない服を着せておけばいいでしょう。また寒い時は客室乗務員にお願いして一枚毛布も借りられると思います。

SPONSORED LINK

座席の選び方

座席は機内後方が良いでしょう。そしてお母さんとお父さんのあいだの席がよいと思います。

トイレにも近いし、他の乗客にも迷惑を掛けづらいですし、客室乗務員のサポートも受けやすくなるそうです。

快適な子供ずれの旅行をする為には、当然事前のチェックが欠かせません。何を持っていけばいいのか、持っていかなくてもいいのか、手荷物も最小限にして、楽しい旅行を満喫してくださいね。

SPONSORED LINK

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ