子供の夏バテ症状は?食欲がわかないそんな時のおすすめ対策レシピ紹介!

大人でも夏バテする人が多く出てくる盛夏の時期。
子供は自分の体のことをよく分かっていないので、大人が注意してあげなければなりません。

子供の夏バテとはどんな症状か?またどのように対策をとれば良いのか?について解説します。

SPONSORED LINK

子供の夏バテの症状は?

夏バテの症状

暑い時期、子供がいつもと何か違うな…と感じたら、夏バテかもしれません。

症状としては、

 

  • 元気がない
  • ずっとイライラしていて機嫌が悪い
  • 食欲がない
  • おなかの調子が悪くなる(下痢や便秘、吐き気)
  • 微熱がある

 

このような状態になります。

風邪かと思うこともありますが、夏バテはじわじわと軽めの体調不良が続くという感じで、風邪のように熱が高くなったり喉が痛くなったり、強い症状はあらわれません。

ただ、あまりに具合が悪いようであれば病院を受診してくださいね。

 

夏バテになりやすい環境

夏バテになりやすい環境

暑い中、身体が体温を一定に保とうとした結果、夏バテになってしまいます。体温調節が未発達な子供は、蒸し暑い環境で一定時間過ごすだけでも夏バテになることがあります。

具体的には、以下のような環境が夏バテにつながります。

 

  • 冷房が効きすぎた場所にいる
  • 水分が不足している
  • 栄養が偏った食生活をしている
  • 運動不足
  • 不規則な生活

 

あとは、遊びに夢中になって休まず動いてしまった場合にも、夏バテのようになることがあります。この場合は涼しい場所でゆっくり休息をとってあげましょう。

SPONSORED LINK

夏バテに効果のある対策

対策は、なりやすい環境を避けることが一番です。

 

  • 冷房の温度設定を低くしすぎない(外気温との差を5度くらいに抑える、推奨は28度)
  • こまめに水分補給をする。激しい運動をした時はスポーツドリンクを飲む。
  • 体を冷やしすぎない(アイスクリームや冷たい飲み物ばかりを食べたり飲んだりしすぎない。お茶や水はできるだけ常温のものを飲むほうが良い)
  • ビタミン、ミネラルを意識して摂る
  • 適度に運動をする
  • 早寝早起きをし、食事を規則正しく食べる

 

食事は、具体的な料理としては例えば冷しゃぶ、野菜スープ、ゴーヤチャンプルーなどがおすすめです。

以下の動画で紹介されている梅とおかかのサラダも、さっぱりとして食べやすい上、作るのも簡単でGOODですよ。白菜以外にキャベツなどでもアレンジできますね。

ナスラックKitchen料理レシピ-【白菜と豚肉の梅風味サラダ】(動画)

 

まとめ

アイスも冷たいジュースも一切ダメ!というのも子供は楽しみがなくなってしまうので、たまには息抜きもしつつ、でいいと思います。

親自身も夏バテでダウンしてしまいがちな蒸し暑い時期、子供と一緒に症状や対策を確認しながら生活して、有意義な夏を過ごしたいですね。

SPONSORED LINK

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ