赤ちゃんの春服のコーディネイトの仕方

冬を過ぎて春。
温かくなる季節に、赤ちゃんも衣替えの時期を迎えますよね。

春になってくると気になるのがインフルエンザとか。

乾燥する季節には体調の変化に崩れが不安の種。それは子育てにおいても重要になってきます。ちょっとずつ温かくなりながらも、時たま寒い日が来る春先は赤ちゃんの服装にも油断なりませんよね。

ぐっと冷え込んだら体調を崩してしまう元です。

 

そんな、服装に迷える春のファッション。
赤ちゃんのための服選びをどうしたらいいか悩ましい御両親の為に、今回は春服のコーデをチェック。温かくも寒くもある時期に備えての参考になればと思います。

SPONSORED LINK

春の服装の選び方

春服の選び方ですが、赤ちゃんの春の服装による定番と言えば、新生児であれば、短肌着+長肌着+ドレスオール首が座り、動きも出て来る生後三ヶ月以降になれば、コンビ肌着+カバーオールなどが多くなります。

 

新生児の頃には足をバタバタさせる事も少なく、それに合わせてドレスオールを着せて、成長と共に動きが活発になれば股下を分けられるタイプのツーウェイオールなど。お座りにハイハイ、あんよまでくればロンパースなどにセパレートタイプの服を着せられるようになるわけです。

 

春服赤ちゃんのコーディネイト

では、実際に赤ちゃんの為のファッションアイテムをちょっとチェック!

先ずは新生児に嬉しい春から夏に掛けてのアイテムとして、こちら。

 

『スタイ付きボーダー長袖前開きプレオール』

春のファッション

こちらはプレオールといって赤ちゃんのためのカバーオールです。

メーカーによって定義は様々なのですが、柔らかく可愛いデザインが豊富で、生まれたばかりの赤ちゃんにも安心して着せてあげることができるのがポイントですよね。

 

 

可愛いアイテムにはこんなものもあるので、参考にしてみてください。

『(チャックル) chuckle *ボンシュシュ*ギンガムチェック甚』

 

そしてもう少し大きくなって来たら・・・

『ワンピース風ドット長袖ロンパース(商品ページ)』

ロンパース

可愛いロンパースに御着替えを。
ロンパースはお座りからハイハイを始める赤ちゃんにとってのマストアイテム。女の子には可愛いフリフリのスカートで、お人形さんのような愛らしい衣装でオシャレをしてみてもいいかもしれませんね。

 

 

『伸縮性抜群のスリムスパッツ付きデニムニットスカッツ』

赤ちゃんの春服

あんよが上手になって、活発に動くようになればこうしたレイヤードタイプの服も着こなせるようになります。

なかでもスカートとレギンスを合わせたスカッツは、ちょっと寒い春の日でも安心ですし、デザインも可愛くてオシャレですよね。男の子にはレギンスとパンツの組み合わせで一緒に着こなしができるのも注目ポイントです!

SPONSORED LINK

春服、お母さんの為のマタニティウェア

さて、産後の子育てママの為に、マタニティウェアというものをご存知でしょうか?

マタニティドレスとも言われるこちらは妊婦さんの為の衣服でもあり、赤ちゃんに授乳をしやすいようにデザインされた衣装です。もちろんオシャレに着こなす事も出来るデザインも揃えられていて、春に似合うマタニティウェアをちょっとだけご紹介しておきますね。

 

『【産前・産後・授乳対応】マタニティ裏起毛ボーダーワンピース』

マタニティドレス

秋先から冬を超え、春にも着る事ができるこちらのワンピース。授乳口が目立たない嬉しいデザインであると同時に、裏地の素材が温かく肌寒い春の日にもバッチリです。一件授乳服には見えないオシャレなデザインがいいですよね。

 

 

『マタニティギンガムチェックワンピースセット』

マタニティ

こちらもシンプルながらもカジュアルな春らしいデザインがとっても可愛い爽やかワンピース。

もちろんこちらも授乳口のあるマタニティウェアなのですが、普通のお洒落なワンピースにしか見えません。ちょっと大人っぽさも備え、夏まで着まわせる素敵なアイテムです。

 

今回のまとめ

いかがでしたでしょうか?
春は暑くもあり温かくて涼しく、また寒くもなる、本当にいろんな顔を持った季節で大変ですよね。

そんな迷える季節でも我が子と楽しく過ごせるように、参考になれば幸いです!

SPONSORED LINK

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ