赤ちゃん1歳児の食事はどんなもの?注意が必要な食べ物とレシピ紹介

乳児から幼児へ、日々の成長めまぐるしい1歳児たち。

ここではこの時期にどんなものを食べさせてあげたらいいか、どんなことに注意したらいいか、まとめてみました。

SPONSORED LINK

乳幼児に注意が必要な食べ物

離乳食も進み、いろいろ食べさせてあげたい!
けれど、小さな体には気を付けてあげたいことがたくさんあります。

乳幼児期はまだ自分で食べ物を咀嚼する力が弱く、固いもの、一口が大きいものはのどに詰まらせて窒息する恐れがあります。

あらかじめ刻んでおいてから与えるなどの注意が必要です。

  • ピーナツ等のナッツ類や豆類
  • 飴玉
  • 一口タイプの蒟蒻ゼリー
  • プチトマト
  • キャンディチーズ
  • ぶどう

赤ちゃんの食事

事故のないよう、大人が気を付けてあげましょう。

 

1歳の赤ちゃんはどんなものを食べさせればいいの?

1歳の今、何をどれだけ食べさせてあげたらいいのか、何を食べさせないほうがいいのか、いろいろ悩んでしまう方もいらっしゃることと思います。

まずは離乳食の目安表をご覧ください。

離乳食

(公益社団法人 日本栄養士会ホームページより)

これによると1歳児の食事の調理形態の目安は「歯ぐきで噛める固さ」です。

食べられる食材も増え、柔らかく調理すればあまり大人と変わらないメニューを楽しめるようになってきました。

ただし、まだ消化機能が未熟です。
味付けは薄めに、辛味や刺激が強いものも極力避けて、お腹にやさしいメニューにしましょう。

ただし、下記の食材は特にアレルギーに関して注意が必要になります。

  • そば
  • ピーナツ等のナッツ類や豆類
  • そば
  • 刺身
  • サバ等、青背魚
  • エビ、カニ
  • イカ、タコ
  • いくら、うに、たらこ
  • アワビなど貝類
  • キウイなどトロピカルフルーツ
  • 卵、牛乳、小麦
  • はちみつ(1歳になれば大丈夫)

SPONSORED LINK

簡単レシピ

具体的にはどんなものを作ってあげればいいのか、食事作りは毎日試行錯誤の連続ですよね。

食べやすく、やさしい甘さが1歳児にぴったりのレシピ動画をご紹介します。ぜひ作ってみてください。

離乳食レシピ-離乳完了期 パクパク期 ほうれん草のホットケーキの作り方

 

<材料>

ほうれん草・・・1株(40g)
ホットケーキミックス・・・大さじ2
とき卵・・・1/3個
牛乳・・・大さじ1
豚のひき肉・・・5~7g
油・・・少々

離乳食レシピ-離乳完了期 パクパク期 かぼちゃのすいとんの作り方

 

<材料>

かぼちゃ・・・15g
鶏胸肉・・・15g
豆腐・・・10g
にんじん・・・半月切り1枚
だいこん・・・いちょう切り1枚
ほうれん草・・・ひとふさ
だし汁・・・1カップ
小麦粉・・・大さじ2

 

まとめ

赤ちゃんの食事の量

かわいい我が子にたくさん食べて元気に大きくなってほしい!

時期に合わせた形状にすること、アレルギーに気を配りつつ、食事の楽しみをしっかり伝えていきたいですね。

SPONSORED LINK

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ