ハッカがゴキブリ対策に!正しい使い方と具体的な効果とは?

夏になれば、嫌でも蚊やブヨや厭なゴキブリ等が出現します。皆さんは、虫よけ対策や、ゴキブリ退治などはどうしているのでしょうか?

今回は、色々な使い方が出来るハッカ油についてお話ししていきましょう。

『ハッカ油』の効果・特徴

ハッカ油は、色々な原材料として使われていますが、利用して効果のあるのは

  • イライラした時や暑い時など、スーッと気が楽になります。
  • O-157への殺菌効果が望めます。
  • トイレなどの臭い消し
  • 昆虫や小動物はハッカの刺激を嫌います。
  • 清涼感があり、リラックス感を感じる事が出来ます。
  • 花粉症にも効果があるようです。

ハッカ油は、引火しやすい性質を持っていますので、火気の近くでは絶対使わないようにして下さい。

使用する場合は、換気を十分にして使用する事です。

ハッカ油

 

『ハッカ油』の使い方

ハッカは紀元前より世界中で色々な品種が栽培され、現在も私たちの生活に欠かせないものとなっています。ハッカを使った市販されているものが、多くあります。皆さんがよくご存じのミントの入ったガムや医薬品、香水、特に最近では、たばこに使用されています。

ハッカ油を1本自宅にあれば色々なものに使えます。

例えば「虫よけスプレー」「緊急のシップ」「うがい薬」「入浴剤」などがあげられます。ただし、虫よけスプレーの容器にはプラスチックではなくガラスの容器を使用して下さい。

SPONSORED LINK

『ハッカ』自体の効能

  • 暑い夏も冷房要らずに
    皮膚や舌に霊感を感じますので、お風呂に数滴入れるだけで清涼感を味わえます。また、血行を促進する効果もあるようです。ただし、入れ過ぎには禁物です。
     
  • ハッカ油で消臭スプレーを
    スプレーを作ってお部屋にシュッとまくだけで効果的、油と水を混ぜるのですから良く拡販してから使用すれば大丈夫です。
     
  • ハッカ油で虫よけ、ゴキブリにも効果的
    網戸や玄関などにスプレーすると虫よけになります。また、ゴキブリにも効果があるそうです。
     
  • カビ予防や安眠効果
    ティシュや綿布などに少量含ませタンスなどに入れておくことで、虫よけにもなりますし、ベッドの近くに置いておくと安眠効果も期待できます。
     
  • 眠気覚ましに
    耳の裏や首筋、こめかみに行ってき塗るだけで、目や頭がすっきりとなるとの事です。これもたくさん塗ると逆効果になりますので気を付けて下さい。

ハッカ油

このようにたくさんの使用例があるのがハッカ油です。その他にも手作りケーキの中に少量のハッカ油を入れる事により、夏の清涼感のあるケーキにもなります。

ぜひ、自宅に1本買い置きしておけば、色々なものに使えますのでお薦めです。

しかし、人間の知恵というものは計り知れないものですね。

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ