赤ちゃんが鼻づまりで寝れない!原因と解消の意外な方法

鼻づまり

引用:http://freebies-db.com/free-illustration-akachan-family.html

赤ちゃんが夜寝れないことはよくあります。その場合、お腹が空いていたり、オムツがぬれていたりなど様々な原因が考えられます。

また気づきにくいですが、夜寝れない原因の一つには「鼻づまり」もあります。鼻がつまると、鼻で呼吸が出来ずに寝苦しくなっていまします。

今回はそんな赤ちゃんの鼻づまりについて見てみたいと思います。

SPONSORED LINK

 

赤ちゃんが鼻づまりで寝れない

赤ちゃんの鼻は大人よりも低いので鼻の穴が狭く、鼻腔が狭くなります。そのため鼻水がつまりやすくなってしまいます。

それに温度の変化に敏感な赤ちゃんは少しの温度変化や乾燥で鼻水が出やすく、つまりやすくなっています。

また赤ちゃんは仰向けに寝ていますので、ますます鼻がつまりやすくなります。そして日ごろは鼻呼吸をしているのに、鼻がつまると口呼吸になっていまします。

しかし赤ちゃんは口呼吸がうまくできません。そのため苦しさを感じて寝つきが悪くなったりとか、夜泣きをする原因になるのです。

 

鼻づまりで寝れない場合の解消方法

・部屋の温度を適温に保ち、乾燥させないようにする。

適温は20度~22度で、湿度は50%以上が良いといわれます。

 

・部屋を清潔にする。

ハウスダストが原因になることもありますので、いつでも部屋を清潔にするようにしましょう。

 

・こまめに換気する。

空気清浄機を使うのも一つの方法です。

 

身近なもの・ツボ・グッズ紹介

・鼻水吸引器

このような鼻水吸引器もあります。

鼻水トッテ

引用:http://www.tampei.co.jp/products/MHK/

こちらは実際、鼻水吸引器を使っている動画です。

 

ママ1人でも大丈夫❗️上手な赤ちゃんの鼻水の吸い方。

初めは嫌がっている赤ちゃんでも吸引器で吸ってもらったら、鼻が通ってすっきりするようですね。

 

・アロマオイル

ペパーミント・ユーカリ・オレンジなどが、すっきりして爽快感を与え、鼻づまりにも効果があります。でも赤ちゃんは敏感なので少量を使うようにしましょう。

 

・蒸しタオル

蒸しタオルで鼻の上の方を温めると、鼻の通りがよくなります。

 

・赤ちゃん用綿棒

赤ちゃん用綿棒でそっと鼻水を取ってあげると楽になります。

 

・鼻づまりに効くツボを刺激する

こちらに鼻づまりに効くツボが紹介されています
http://www.tubodesu.com/nose04+index.id+1.htm

赤ちゃんですから、大人のように強く刺激せず、様子を見ながら軽く刺激しましょう。

SPONSORED LINK

 

ダメな場合病院へ!別の病気の疑いも

あれこれやってみてもダメな場合は病院で診てもらいましょう。
アレルギー性鼻炎やアデノイドが腫れている可能性も考えられます。

また鼻づまりを放っておくと中耳炎にもなりやすくなりますので、早めの診療をおすすめします。

鼻づまり

引用:http://www.misaki.rdy.jp/illust/cut/menutext/baby/0203.htm

 

まとめ

赤ちゃんが夜寝れない原因の一つには鼻づまりもあるのですね。大人でも鼻がつまると寝苦しくなりますから、まだ鼻が小さい赤ちゃんなら、なおさら寝られないことでしょう。

早く鼻づまりを治してあげて、すやすやと気持ちよく寝かせたあげたいものです。すやすや安らかに眠っている顔を見ると、パパもママも安心して眠れますね。

参考URL:http://takahashi-ent.jp/cases_commentary/index3.html

SPONSORED LINK

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ