アーモンドの女性への効果!摂取量・食べ方の注意点

アーモンド

引用:http://yaplog.jp/matsu-you/archive/3995

女性が好きな食べ物の一つにアーモンドがあります。香ばしくてカリッとした歯ごたえが魅力的です。

実はこのアーモンドには女性に嬉しい効果があるとか。
一体、どんな効果なのでしょうか。見てみましょう。

アーモンドの知られざる効果とは

アーモンドに含まれるミネラルには鉄・リン・カルシウム・カリウム・マグネシウム・亜鉛があります。どれも健康には欠かせない、また日ごろ不足しがちなものばかりです。

食物繊維も豊富に含まれるため便秘の予防にもなります。アーモンドに含まれる食物繊維は、ごぼうの2倍、サツマイモの4倍といわれます。

善玉コレステロールを増やす効果があるため、血液がさらさらになります。

不溶性食物繊維を含み腸の環境を整え、体内の有害な物質や余分な脂肪を排出するのを助けます。そのためデトックス効果も期待できます。

 

女性に嬉しい効能・注意点

女性に嬉しい効能といえば、何といってもアンチエイジング作用があるということです。アーモンドがもつ抗酸化作用が老化を遅らせてくれます。

さらに、老化の原因物質であるAGEsを減少させる働きもあります。この働きが、しわやたるみの予防に効果があり、肌のアンチエイジングに役立ちます。

 

嬉しいことにダイエット効果もあります。アーモンドの場合、リバウンドしにくいダイエットが可能だといわれています。

 

それから妊婦さんにとっても、アーモンドはおすすめの食べ物です。アーモンドを食べると、妊娠中、特に必要な葉酸やビタミンEを補うことができます。

またビタミンB1で肌荒れ予防、食物繊維で便秘予防など、妊娠中におこりやすいトラブルを解消してくれます。

でもカロリーが高いので、妊婦さんは一日20粒までにしておきましょう。それに一緒にチョコレートや塩と摂ると高血圧になったり、妊婦糖尿病になる可能性があるので注意しましょう。

SPONSORED LINK

アーモンドの選び方

アーモンドは殻のついたものを選ぶようにします。もし殻つきがない場合は、生の方が栄養が高いため、加工していない生のものを選びます。

保管の際は缶やビンに入れておきましょう。酸化したら効果が少なくなるので密閉できる容器に入れて保管しましょう。

 

アーモンドを使ったお菓子の作り方です。
生で食べるのが良いですが、たまにはお菓子として食べるのも気分転換になっていいですよね。

 

アーモンドチュイル.wmv

 

摂取量・食べ方のおすすめは?

20粒から23粒くらいが一日の摂取量の目安です。
食べるときには、薄皮に抗酸化成分のフラボノイド類が含まれているため、薄皮ごと食べるようにします。

アーモンド23粒分の栄養は下記の成分に匹敵するそうです。

  • ビタミンE アボガド250g分
  • マグネシウム ホウレン草120g分
  • カルシウム 牛乳100ml分
  • 食物繊維 玄米200g分

アーモンド

引用:http://karadanote.jp/7310

 

まとめ

アーモンドは健康に良い食べ物なのですね。手軽に食べられるうえ、栄養も豊富なんて最高です。

しかもアンチエイジングとダイエットにも効果があるとのこと。これは女性にとって手放せない食べ物ですね!

参考URL:
http://ninnpusan.com/category1/entry43.html
http://matome.naver.jp/odai/2133838553183673901

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ