妊娠中の運動不足は体力も落ち気味!簡単なストレッチ運動方法

運動

http://matome.naver.jp/odai/2141396139582853801/2141399228017640903

妊娠したら体が疲れやすく動くのが億劫になってきますよね。
ましてや、おなかが大きくなるとなおさらです。でも、かといって動かないと体重が増加しすぎるなどの支障が出てきます。

そこで運動が苦手な人でも簡単にできる運動法をご紹介したいと思います。

妊婦さんは体力が大事

妊娠したらおなかが大きくなるにつれて体が重くなってきます。
これまで経験したことがないような体の重さを支えるのには体力が欠かせません。

また実際赤ちゃんを産むときにも、当然ながらかなりの体力が必要です。また体力があると風邪などの病気にもかかりにくくなりますので、おなかの赤ちゃんのためにも体力をつけるように心がけましょう。

 

妊婦さんでもできる簡単運動法

妊婦さんに適した運動は有酸素運動だといわれます。
有酸素運動というとエアロビクスやヨガ、スイミングなどがありますが、一番気軽にできるのがウォーキングです。

妊婦さんの場合、おなかの中の赤ちゃんが大きくなっていくにつれて体重が重くなっていくため足に負担がかかり、足がつることもあります。そんな場合でもウォーキングをして足に筋肉をつけておけば足がつるのを防ぐことができます。
また体重が極端に増えすぎるのを防ぐこともできます。

 

安産体操、リラックス方法

安産体操は骨盤底筋を鍛えたり股関節を柔らかくしたりする体操です。そうすることで産道が広がりやすくなり安産で産みやすくなります。
特に体がかたい人は安産体操を行って体を柔らかくしておいたほうが良いでしょう。

安産体操は安定期に入って行いますが、おなかが張るような感じがあったり痛みを感じたりするときはすぐに止めましょう。

安産体操は腹式呼吸で行います
複式呼吸をすると気持ちが落ち着きリラックスするでことができますので、妊娠中のリラックス法としてもおすすめです。

安産のために骨盤矯正の仕方を紹介しています。

妊婦さん、骨盤矯正で安産を目指しましょう

 

リラックスしながら行いましょう。でも無理は禁物です。

SPONSORED LINK

注意点・運動時のポイント

運動するのは良い事ですが、妊婦さんの場合決して無理をしてはいけません。体調がすぐれないなと感じたときはすぐに休んでください。
「これくらいなら大丈夫だろう」と思って無理をすると流産の危険性がありますので注意しなければなりません。

体重が増えすぎないようにと考えすぎてハードな運動をすることも避けましょう。またおなかに負担がかからないように注意することも忘れずに。運動時のポイントとしては適度に体を動かす程度の運動を楽しみながら行うことです。

妊婦

http://supplement.wp-x.jp/ninpu-youso-358

 

まとめ

よく言われることですが、妊婦さんの体は1人の体ではありません。
おなかの中にもう1人の小さな命がいるのです。

そのため赤ちゃんの分も体力をつけなければいけません。でも「運動して体力をつけなきゃ」とあまり深刻にならなくても大丈夫。

「運動が楽しい」と感じるくらいに体を動かす程度がベストです。
ママが「楽しい」と感じているときはきっと赤ちゃんも「楽しい」と感じているはずですから。

参考URL:
http://allabout.co.jp/gm/gc/311884/
http://www.love-baby.info/nsonota/anzant1.html

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ