赤ちゃんの寝るとき手が冷たい!バタバタ大変どうすれば?

赤ちゃん

引用:http://ameblo.jp/sozai-ya/entry-10051686172.html

赤ちゃんってバンザイをして寝たり、激しく手足をバタバタさせたりなど、不思議な行動をとりますよね。
それに「手が冷たいけど大丈夫?」と心配になることもあります。

今回はそういった疑問の解決に役立つような情報をご紹介したいと思います。

寝るときよくバンザイやバタバタをします

赤ちゃんがバンザイをして寝る理由の一つには「体温を調節している」ということが挙げられます。まだ体温の調節機能が未熟で、布団をかけていると体内に熱がこもりやすいため、バンザイをして布団から手を出して、体温を調節しているのだと考えれられます。

 

「リラックスをしている」場合にもバンザイの姿勢をとります。
そのため赤ちゃんがバンザイをして寝ているのは、体の力を抜いてリラックスしている証拠だといえます。

 

バタバタの理由は一言で言えば「トレーニングをしている」ということです。まだ起き上がれない赤ちゃんは体を動かしたくても動かせません。そこで自由に動かせる手足を激しく動かして運動しているのです。

手足をバタバタさせるたびに感じる音や風を楽しみながらトレーニングをしていると考えられます。このことは脳と運動機能の発達に役立ちます。

また手足をバタバタさせると「周りの大人が自分に注目してくれる」ということを学んで「かまってほしい」「お腹が空いた」など、自分の意思を伝えたいときにも手足をバタバタさせるようになります。

手足をバタバタさせることは「泣く」ことに加えた意思表示の表現ができるようになったという成長の証でもあります。

 

生後3ヶ月 赤ちゃん 元気にバタバタ

 

手が冷たいのは冷え性でしょうか?

赤ちゃんの手が冷たいのも「体温の調節」のためです。
新陳代謝が良く、体内に熱がこもりやすいので手や足で体温を調節していると考えられます。そのため手が冷たいからといって冷え性だということはありません。

寒い季節には外気に触れると手足が冷たくなり「大丈夫だろうか」と心配になりますが、外気に触れることが刺激になり、脳の発達を促すことにもなります。

SPONSORED LINK

寝るとき手が冷たい場合の対策・注意点

寝るとき手が冷たいと可哀そうだからとミトンをはめてあげたくなりますが、体温調節のためだということを考えると、はめなくても問題ありません。

しかしとても寒いときや、肌がデリケートでしもやけなどが心配な赤ちゃんの場合は、ミトンをはめてあげるのも良いでしょう。その場合でもミトンをはめる時間は最低限にするようにしましょう。

 

寒そうだからといって部屋を暖めすぎるのは良くありません。床暖房の場合はベッドなど、床から離したところに寝かせるようにしましょう。

赤ちゃん

引用:http://putiya.com/html/baby/cute_baby_sleep01_a_02.html

 

おすすめの商品

赤ちゃんにミトンをはめるなら、肌に負担がかかりにくいオーガニックがおすすめ。

オーガニック手袋

http://item.rakuten.co.jp/cotone/cotone-baby0002/?scid=af_pc_etc&sc2id=65468996

 

 

綿100パーセントでこちらもおすすめ。通気性も抜群。

綿100%

http://item.rakuten.co.jp/becera/2811-0080p/?scid=af_pc_etc&sc2id=65468996

 

 

こちらも、もちろん綿100パーセント。やさしい肌触り。

綿100%

http://item.rakuten.co.jp/magicfactory/40-2992-781/?scid=af_pc_etc&sc2id=65468996

 

肌がかゆいなどのトラブルがある場合、顔を掻きすぎて傷ができないようにミトンをはめることもあります。

赤ちゃん

引用:http://putiya.com/html/baby/baby00.html

 

まとめ

赤ちゃんがバンザイして寝たり、手足をバタバタさせたりするのは成長した証拠なのですね。手が冷たいのも心配はいらないようです。

バンザイした姿やバタバタしている様子はとっても可愛いので、ずっと見ておきたいですよね。可愛いわが子を見ながら「健やかに成長しますように」と願わずにはいられません。

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ